海外の医薬品と日本の医薬品の違い

あなたは、海外の医薬品を個人輸入したことがありますか? そもそも個人輸入ってなに?という方もいるのではないでしょうか。 このページでは、医薬品の個人輸入についてと、その注意点をまとめてみました。 海外の医薬品と日本の医薬品の違いも簡単にまとめていますので、自身で調べる際の参考にしてください!

医薬品の個人輸入ってなに?

たとえば身近なもので考えると、サプリメントにも違いがあります。
サプリメントも、含まれる成分によっては医薬品の扱いになるんですよ。

忙しい日々で食生活に気を遣えず、栄養補助のためにサプリメントを飲みたいと考えている方や実際に飲んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

では、海外のサプリについてどのような印象を持っていますか?

「なんでも日本製が品質がいいんじゃないの?」

…と、なんとなく思っている方もいるかもしれません。

ですが、実はサプリメントはアメリカ製品に高評価なものが多いんです!
なぜだと思いますか?

大きな違いのもとになっていることのひとつは、サプリメントに対する考え方です。
日本でのサプリメントの在り方は「最低限、不健康にならない程度の摂取を目安とするもの」で、アメリカでのサプリメントの在り方は「元気に健康に過ごせる程度の摂取を目安とするもの」なのです。

この考え方の違いは、アメリカには日本のような保険制度がなく、病院にかからないよう健康に過ごすことを日本よりも重視しているからかもしれません。

サプリメントを個人輸入するメリットは、このようなところにあります。
それでは、薬はどうなのでしょうか。

医薬品においては、日本では承認されておらず国内で販売されていない医薬品が海外にはあること、海外製の医薬品は日本で販売されている医薬品より安価なものが多いことが挙げられます。

ですが、日本では承認されていないということは、日本の法律で定めている基準をクリアしているかどうかが確認されていないということです。
後ほど詳しくみていきますが、医薬品の個人輸入をする際にはよく注意することが大切です。

個人輸入の仕方

海外の医薬品と日本の医薬品の違いや、「そもそも個人輸入とは何か」ということはイメージできたでしょうか? 医薬品の個人輸入は注意すべきこともあるので慎重に行う必要はありますが、方法そのものは難しくありません。 それでは早速、海外の医薬品を個人輸入したいときの方法についてをみていきましょう!

医薬品の個人輸入で気をつけたいトラブル

今まで、海外の医薬品と日本の医薬品の違いや個人輸入の仕方についてみてきましたが、個人輸入の際に気をつけるべきことはどのようなことなのでしょうか? ここでは、個人輸入をする際に注意すべきことやよく確認すべきこと、トラブルについてみていきたいと思います。