海外の医薬品と日本の医薬品の違い

この記事をシェアする

医薬品の個人輸入って?

日本で販売されていない医薬品を服用したいときに行うのが「医薬品の個人輸入」です。
海外の医薬品は、法律で定められた範囲内に限り、特別な届け出をせずに海外から医薬品を個人的に輸入することが可能なのです。

「医薬品」というと病院で処方されるような薬だけを想像する方もいるかもしれませんが、そうではありません。

浴用剤や養毛剤、ドリンク剤など日本では医薬部外品ですが、個人輸入に関しては医薬品と同様の取り扱いになります。

また、日焼け止め、メイクアップ用品などの化粧品も「医薬品医療機器等法」の規制を受けるので気をつけましょう。

このような海外の製品を、定められた法律の中で個人的に輸入することを「医薬品の個人輸入」といいます。

医薬品の個人輸入にかかわる法律

それでは、海外の医薬品を個人輸入する場合に関係してくる法律にはどのようなものがあるのかみていきましょう。

まず一つ目は、医薬品について、さらに健康食品や化粧品についても規制している「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」です。

薬機法によって、個人輸入する際の数量の制限が定められているほか、第三者の分を一緒に輸入することや他者への販売、譲渡が禁じられています。

二つ目は、海外から日本国内へ貨物を入れる際の規制に関する「関税法」です。

医薬品の輸入には関税はかかりませんが、税関は通る必要があります。

税関での手続きの方法は、国際宅配便、一般貨物、郵便小包というように輸入時の輸送方法で異なりますので事前に確認しておくと安心です。