個人輸入の仕方

この記事をシェアする

個人輸入の方法は?

海外の医薬品を個人輸入したい場合、いくつか方法があります。

一番安心なのは、なんと言っても「海外に住んでいる日本人の知り合いに送ってもらう方法」です。
知り合い相手なら、依頼する際のメッセージのやり取りをするにも安心ですよね。
ですが、海外暮らしの知り合いがいる方なんてなかなかいないと思います。

次に可能なのは「海外の通販サイトを利用して購入する方法」です。
日本の通販サイトと同じ会社の海外版の通販サイトもあるので、外国語の通販サイトでも購入から発送までの手順がわかりやすいことが多いです。

ここで注意が必要なのは日本向け発送の対応をしていない通販サイトがあることです。
日本の通販サイトでも「発送は日本国内に限ります。」という注意書きのあるサイトがありますよね。
転送業者を利用すれば、このような通販サイトでも個人輸入が可能です。

もっと簡単に個人輸入したい!

海外に住んでいる知り合いもいないし、英語が苦手で自分で海外の通販サイトを利用するのは不安…でも、海外から医薬品を個人輸入したい!

そんなときの味方が、海外の医薬品を「輸入代行してくれる業者」です!

輸入代行の業者に欲しい医薬品の名前を伝えると、その業者さんが代行で医薬品を注文し、手元に届けてくれます。

個人輸入の輸入代行業者はいくつもあり、有名な業者もあるので興味がある方は調べてみてください!

ただし、詳しくは後ろの項目で記載しますが中には法律を遵守していない悪徳な業者、信用できない業者も存在します。
代行業者を利用する場合は、しっかりとその業者について調べてから利用するようにしましょう。

海外の医薬品を個人輸入する場合は、知り合いから送ってもらう場合も、自身で通販サイトから購入する場合も、そして代行業者を利用する場合もすべて自己責任です。
しっかりと安全性を確認してから、個人輸入したいですね。